sports

スポーツ障害とは?

スポーツ障害はスポーツを行なっている方誰にでも起こりゆる怪我です。
特に10代〜成長期までのお子様多く見られます。
また部活動などで朝から夜遅くまで全力でスポーツをする方は
更に注意しなければなりません。

原因は「使い過ぎ(オーバーユース)」
「体の使い方がうまくできていなかった」
「運動前の準備不足」などと言われています。

このスポーツ障害を放っておくと、慢性疾患へと悪化していき
最悪の場合、その疾患とともに生活をしなければならないことにもなり得ます。
そうならないため早めの処置を行い、自分で判断せずにすぐに病院または
ニコニコ接骨院にお越しくださいませ。

主な症状の紹介

シンスプリント(脛の痛み)

画像がありません

肉離れ

肉離れ

足関節捻挫

足関節捻挫

オスグッド病

小中学生男子に多い膝の使い過ぎ(オーバーユース)による成長期スポーツ障害です。
主に膝の痛みが目立ちます。

オスグッド病
ニコニコ接骨院では...!
まずは手技療法を行い、 電気療法・超音波療法などどれが適切か判断し施術を行なっていきます。

水泳・野球肩

野球や水泳などのスポーツで肩に負担がかかることを繰り返すことで起こる障害の総称です。
運動時に肩関節あたりに激痛が走ります。

水泳・野球肩
ニコニコ接骨院では...!
まずは手技療法を行い、電気療法・超音波療法などどれが適切か判断し 施術を行なっていきます。

セーバー病(成長期の踵の痛み)

一般的に成長期の踵の軟骨の痛みをセーバー病と言います。
使い過ぎにによる軟骨の炎症です。

セーバー病(成長期の踵の痛み)
ニコニコ接骨院では...!
まずは手技療法を行い、 電気療法・超音波療法などどれが適切か判断し施術を行なっていきます。
ページトップ